朝 顔が臭 原因

朝、顔が臭い原因

 

臭い
朝起きると、自分の顔が臭い!

 

そんな経験はありませんか??

 

「寝る前にお風呂に入って顔も洗ったのにどうして??」

 

そう思いますよね。
実は、睡眠中というのは、汗や皮脂が大量に分泌されます。
人間は、一晩で500mlの汗をかくと言われていて、その汗や皮脂を食料とする
雑菌が繁殖したり、することでニオイが発生します。

 

つまり、寝る前にきちんと顔や体を洗ったつもりでも、
寝ている間に、汗や皮脂で汚れているのです。

臭い

しかも、頭皮は、取り分け皮脂が分泌しやすい場所ですから、
皮脂の酸化した臭い(いわゆる加齢臭)が発生しやすいわけです。

 

顔が臭いと、周囲の人(しかも近しい関係の人)に不快な思いをさせてしまうかもしれません。
顔を近づける可能性の高い、恋人や、親、子どもに指摘される前に、きちんとケアしたいものですね。

 

 

朝シャワーで顔のニオイ対策

 

では実際にどうすればいいのか??

 

オススメは、朝シャワーを浴びる習慣をつけることです。

シャワー

寝ている間にかいた汗や、皮脂を洗い流す程度でいいので、念入りに洗う必要はありませんが、
水で洗い流すだけではとれませんので、ボディーソープシャンプーを使って軽く洗いましょう。
それでも臭いが消えない場合は、
今、雑誌や口コミで話題になっているアジカという黒い石鹸を使うと、皮脂の酸化や、雑菌の繁殖を
抑えてくれるので効果的です。これは洗顔料として、顔にも使用できるのでとても便利です。
「アジカ」公式ページ>>
朝シャワーを浴びる習慣をつけるだけで、ニオイ対策だけでなく、目がさめて、
清々しい気持ちで1日のスタートをきれるのでオススメです。